カンノンチク属

カンノンチク属

カンノンチク属(-ぞく)とは、ヤシ科の属の一つ。ラテン名でラピス属Rhapis)ということもある。

10種程度が中国南部〜東南アジアを中心に分布している。葉が美しいものがあり観葉植物、古典園芸植物として栽培される。

主な種

  • カンノンチク(観音竹、学名Rhapis excelsa
原産地は中国南部。別名リュウキュウシュロチク。古典園芸植物として多くの品種がある。中には非常に高価なものもあり、これを商材にした悪徳商法もかつてはあった(現物まがい商法を参照)。名前にチク(竹)がつくがタケはイネ科であり、本種はタケの仲間ではない。
  • シュロチク(棕櫚竹、学名R. humilis
原産地は中国南部〜南西部。カンノンチクほどではないが、古典園芸植物として多くの品種がある。葉はシュロに似ている。名前にチク(竹)がつくが、カンノンチクと同じくタケの仲間ではない。また、古典園芸ではカンノンチクと本種を一纏めにして観棕竹ということがある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Q&A

その他の用語を探す